【公式】ワールドトリガー 第4話 「A級5位・嵐山隊の木虎藍」

【チャンネル登録&フォローで更新チェック!】
名作、傑作!ジャンプアニメ80作品以上を期間限定で毎日更新!
↓Twitterでも随時更新情報をお届け中です。

——————————————————–
10月29日発売の週刊少年ジャンプで『ワールドトリガー』連載再開!
——————————————————–

【配信情報】
・dアニメストア
https://anime.dmkt-sp.jp/animestore/ci_pc?workId=21238
・U-NEXT
https://video.unext.jp/title/SID0012119?nfignore=1
・アニメ放題 
https://animehodai.my.Softbank.jp/lp/sp/alpha/spv/index.html
・GYAO!
https://gyao.yahoo.co.jp/p/00722/v12314/
・東映アニメオンデマンド
https://taod.jp/
・バンダイチャンネル
https://www.b-ch.com/
・Rakuten TV
https://tv.rakuten.co.jp/content/128246/
・ビデオマーケット
https://www.videomarket.jp/
・VIDEX
https://www.videx.jp/detail/anime/v_a_animejan/ases0070_0000/index.htm
・J:COMオンデマンド
http://jvod.myjcom.jp/

【第4話あらすじ】
ネイバーである空閑遊真をかばうため、トリオン兵モールモッドを倒したのは三雲修ということになった。C級隊員である修は、訓練以外でのトリガー使用を認められていない。A級隊員の木虎にルール違反を批判されてしまう。冷ややかな態度とは裏腹にエリート意識の強い木虎は、修がモールモッドを倒したのを信じられず…。

【作品紹介】
■ストーリー
三門市。人口28万人。
ある日この町に異世界への門が開いた。
「近界民(ネイバー)」後にそう呼ばれる異次元からの侵略者が門付近の地域を蹂躙、街は恐怖に包まれた。
近界民に地球上の兵器は効果が薄く、都市の壊滅は時間の問題と思われた。
しかし、その時突如現れた謎の一団が近界民を撃退。
近界民の技術を独自に研究し、「こちら側」の世界を守るため戦う組織、界境防衛器官「ボーダー」。彼らはわずかな期間で巨大な基地を作り上げ、近界民に対する防衛体制を整えた。
それから4年。門は依然として開いているにも拘わらず、三門市を出て行く人間は驚くほど少ない。
高校生の三雲修もまた、ボーダーに所属していた。
ある日、修のクラスに転校生がやってきた。空閑遊真と名乗った少年は、何故かボーダーの人間にのみ携帯を許される「トリガー」と呼ばれる武器を持っていた。
修に問いただされた遊真は言う。
『俺は門の向こうの世界から来た。お前らが言うとこの「近界民」ってやつだ』
遊真と修、二人の物語が動き始める。

■解説
原作は葦原大介氏が「週刊少年ジャンプ」(集英社)に連載中の大人気SFアクションマンガ「ワールトリガー」。
連載当初から熱狂的なファンを獲得し続け「週刊少年ジャンプ」掲載のマンガの中でも屈指の人気を誇る大人気作品を東映アニメーションが製作。
今作のアニメ化に当たって、シリーズ構成に吉野弘幸、音楽に川井憲次、キャラクターデザイン/総作画監督に海谷敏久、そしてシリーズディレクターには本郷みつるという気鋭のスタッフが集結!
原作を最大限リスペクトしつつアニメ「ワールドトリガー」の世界を創り上げます。
異世界からの来訪者・空閉遊真と「こちら側」の世界の中学生・三雲修の物語はどこへ向かうのか…近界民(ネイバー)とは一体…!?

(C)葦原大介/集英社・テレビ朝日・東映アニメーション
——————————————————————
☆電子版ジャンプコミックスを読むなら!
→ジャンプBOOKストア!
http://jumpbookstore.com

☆少年ジャンプが贈る最強Web漫画誌!
→少年ジャンプ➕
https://shonenjumpplus.com